鮎 の 一 夜 干 し
 塩焼きも美味いが一夜干しもまた美味である。酒の肴にはもってこいで塩焼きより美味いと言う人もいる。冷凍保存した鮎でも美味しく出来上がるのがまたよい。一夜干しは天日にさらさず風通しの良い所で表面の水分をとばす程度の生干しであり、秋風が吹く頃から冬までが最適の時期である。
ウロコをひき、頭と胸鰭、背鰭を落とし、背開きで中骨、腹骨、ワタを取る。流水できれいに洗い(腹の内側の黒皮も指でこそぎ取る取る)水切りをする。
酒に10%(容積比)の塩を入れた酒塩に漬ける。10分後に取りだし指で挟んで水分をしごき取り、更にペーパーナプキンではさみ水分を吸い取る。
酒の代わりにウイスキーあるいは水でもよいし、漬ける時間も好みである。
カラスや虫除けのため、魚干し網に入れ一夜干しにする。干すときは皮側を下にすると身が網に付くのを防げる。干し時は夜間から日の出後2時間位まで。軽く焼いて食べると美味い。すぐに食べない分はラップで包みさらにジッパー付きのストックバック(スーパーなどで売っている)に入れ空気を抜いて冷凍保存するとかなり長持ちする。