5月19日
 解禁が2日後に迫った思川の様子を見に行ってきた。この時期はいつも渇水で、特に今年は雨が少なく異常渇水状態だったが、先日の雨で増えた名残がまだ少し残っていた。明後日までに元の木阿弥になるか?。

先ず観光橋下流へ行く。瀬があるがザラ瀬で厳しそう。その上下流も魅力なし。

 
  観光橋下流のザラ瀬(左岸より上流)

観光橋下すぐの下流の方が流れ的には変化がありいいが、岩盤が多い。

  
   観光橋下すぐの下流(岸より下流)

橋のすぐ上流はトロ場でダメだろう。その上に行くと平瀬が続き、釣場としては広い。

  
   橋上流の平瀬(右岸より下流)

次に島田橋へ。橋の上から覗くと上下流の流れに鮎ならずコイとニゴイ?、上流には集団がいてヤバイ。

 
         橋の上流

 
         橋の上流

そこから河原に下りて両毛線鉄橋との中間辺りに行くと、ここまでで一番のいい流れに出会う。水深も少しありそうな瀬や変化のある流れが続き、場所取りが厳しそうだ。

 
 場所取りが厳しそうな流れ(左岸より下流)

その上流の鉄橋上下の瀬、平瀬も人気となりそうだ。川の中には生簀も置かれていた。

 
   鉄橋上下の流れ(左岸より下流)

そこを後にして養魚場西へ。瀬が一本あるがあまり魅力なし。

 
     養魚場西の瀬(左岸より上流)

次は黒本橋の上から覗く。姿川合流から上なのでやはり水量は少なくなる。橋の上はよく群鮎が見える場所だが、全く気配なし。小石は曇り釣場じゃないね。下流も希望は持てそうもないが、瀬、そして落込みの下の流れに鮎がいるのかどうか、目では確認できない。

   
    上流はたらっとした死んだ流れ

  
          橋の下流

さらに上に行き小宅橋の上から眺める。上流の瀬は岩盤地帯でダメ。その上はだだっ広く、大物の背びれがあちこちで水面に出る。ニゴイの集団がいるようだ、釣場じゃない。

 
         小宅橋上流

下流を覗くと丸々太ったコイが数匹。突然小魚が跳ねそれを追う大物、3度ほど跳ねて逃げるが遂にとかまったようだ。小魚はアユ、それとも雑魚?。大物はニゴイ、それともサクラマス?。釣場は厳しい。

 
          小宅橋下流

そして最後にならやま沼西へ。そこには瀬があるが、水量が無くチャラチャラの流れだ。

 
  ならやま沼西のチャラ瀬(左岸より下流)

その下流へ行くと、新たな護岸工事により、変化のあった川底は真っ平の浅い流れに、、一本瀬も無くなってしまった。

 
  浅い平らな流れに(左岸より下流)

今日は」長靴が無く川の中の様子は見れなかったが、岸に近い石は光ってなかったな。アユの跳ねは1回も見れず、橋から姿を見ることもできなかった。状況は近年になく悪く、明後日までに更に減水すれば目も当てられない?。蓋を開けてどうなるでしょうか。

5月21日(思川)
 一昨日の様子見、そして減水は更に進むだろうとの予想から、今日の釣行は気が進まなかった。しかしSさんが是非竿を出したいというので付き合うことにした。

ところがSさん、予定があり早朝の3時間しかできないというので、眠い目をこすりながら早起きし、4時半に川に着く。Sさんは既に竿を出しているが未だ釣れてない。ゆっくり支度をし5時過ぎ少し下流のチャラ瀬上下を泳がせるが全く反応なし。

何せ全体的に浅く、車でも渡れそうなのだ。1時間ほどで諦め戻るとSさんは1匹釣ったという。その近くで泳がせると暫くして待望の1匹目は14cmだった。泳ぎが良くないので再度養殖に替える。7時過ぎ状況が分かったのか、今日の目的は達成したとSさんは帰って行った。

その後8時過ぎにやっと2匹目、9時にはくたびれて一休み。近くの車3台はいなくなった。水産試験場の人が状況調査にやって来たので話し込む。冷水病、カワウ、天然遡上、天然と養殖の見分け方等々参考になる話を聞くことが出来た。これが今日の収穫だね。

10時過ぎに再開、11時過ぎ諦め竿をたたもうとしたら、下流に入っていた知人から電話でオトリサイズが続けて2匹釣れたという。よせばいいのに、せっかくだからと邪魔をしないよう知人の少し下流へ行って見る。しかしそこは浅い子砂利で、すぐに諦め納竿。

帰りがけに黒本橋へ行くが釣れる様子はない。そして一番のポイントと思った両毛線鉄橋とその下流を見に行く。鉄橋前後は車が多いが、対岸から車4台が走り去った。竿頭は5匹いったかどうかだそうだ。

さらにその下流へ行くと、意外と車が少ない。やはり釣れなくて帰ったとかで、竿頭は7,8匹位じゃないかという。朝方少しパタパタと釣れただけだそうだ。何せ鮎の気配がない。居ないのか、冷水病が出たのか(1匹流れてきたそれらき鮎を見た)、答えは間もなく出るだろう。

   
      今日の釣場          今日の釣果、14〜16p

6月11日(小来川) 
 4日から風邪を引き、ようやく平熱に戻ったので出かけた。昨日解禁になった黒川へ行くが渇水で釣場が少なく釣人も少ない。昨日の釣果もよくなかったようで、少しは釣れたという上流の小来川へ。オトリ店でオトリヲ買うと、ちょうど2匹しかいなく選択の余地なし。今仕入れに行っているとか。

昨日はかなり人が入ったのだろう。川を見ると渇水に変わりはなく、釣人もさほど多くはない。先に来ていた知り合いののところへ行く。未だ釣れていなく厳しそうだ。知人は下流へ移動、5人ほど釣人が見える。政やんは群れ鮎を確認したこともあり粘る。

どうもオトリの泳ぎが悪そうなので2匹目に交換、すると間もなくアタリらしきもの、チビ鮎が尻鰭近くに掛り出血が止まらない。やむなく養殖に再度頑張ってもらう。8時から10時までに2匹と辛抱の釣だ。その甲斐あってか11時半までに8匹となり昼食。

知人も同じ位しか釣れなかったようで、昼食後もういいやと帰って行った。政やんもチビアユばかりなので迷ったが続行。再開後間もなく掛かったのは今日一番の16p。流れに複雑な変化のある場所なので多少はやる気が出る。

ところが次第に疲れを感じるようになる。ほとんど1か所であまり動かないのだが、病み上がりというのか体力が戻っていないのだろう。ぶり返しちゃまずいと2時終了。釣果17匹だがサイズに不満。育ってから釣りたいが、どれだけ残っているかだなー。下流の釣人も2人になっていた。

  
   今日の釣果、12〜16p

6月17日(西大芦川)
 解禁前夜某所で前夜祭。いささか飲み過ぎたのに、周りのざわめきで4時前に起きて支度をし河原へ。他に誰も居ない中、竿を出したのは4時20分と早い。先ずは右の流れを攻める。小さな瀬が3つ続き1つ目の瀬に入れ、暫くして掛かったのは15p程の小型だ。

こに時期この川でこの程度はしょうがないと思い、ぽつぽつと釣れていたが、次第に型が小さくなる。そこで2つ目の瀬3つ目の瀬と竿を出すが、期待に反し2匹づつ程度位しか掛からない。ここは2人入ったら身動き出来ない位の長さなので、誰も来ないのが幸いだがちょっと期待外れだ。

そこで今度は左側の細い段々瀬を攻めてみる。先程まで1人竿を出していたがいなくなった。ピンポイント的にオトリを送り込んで何匹か釣るが続かない。再度最初の一つ目の瀬に戻るとポツリポツリと釣れるが小さくてかなわん。

再度2つ目3つ目の瀬、左側の流れとポイントを変えると、たまに少し大き目の鮎が釣れたり、それが欲しくて結局12時20分まで粘ってしまった。睡眠不足と飲み過ぎもあってかもうへとへとだ。昼食を取り一休みして帰宅した。

数を数えたら48匹。釣ながら20匹までは数えたが、チビばかり釣れいやんなって数えるのを止めた。30匹台かと思っていたがそれ以上だった。しかし釣ったという感じはしないですなー。平均サイズ14cm?。

  
   今日の釣果、10.5〜17p

6月19日(黒川)
 数は出なくとも少しでも大き目の鮎を釣りたいと黒川へ。しかし渇水で釣人もいない。釣れるのかと思いながらWさんに教えてもらった場所へ。石の色を見ると鮎がいない訳ではなさそうだ。8時40分ザラ瀬の開きで始めるが鮎の姿も見えない。

ザラ瀬を釣り上がってみるが反応なし。開きに戻ると何やらうごめきが、どうやら群れがやって来たようだ。オトリを手前から泳がせ群れの中にいれる。しかしなかなか掛からない。辛抱強く待つと、キラッと光り目印が走る、開始40分の出来事だ。

オトリにし送り出すと群れに入った途端2匹目、そして3匹目と調子よく掛かり出す。やっぱり掛かりアユは仲間との相性がいいのだろう。ところが5匹目と思った時、ゴンゴンゴンという手応えで、抜こうとした時0.125号のフロロ糸が切れてしまった。

前回使ったままなので弱っていたのかと0.15号(これしかなかった)に張り替える。しかし7匹目と思った時またしてもゴンゴンゴンのプッツン。何でーと思うが、メタル用の短い鼻環糸に結んだ水中糸、そしてオバセを多く取ったため掛かりアユと水中糸が絡んだのだろう。

そこで0.25号の付け糸をセットし再開。トラブルは無くなったが掛かりも遠のき12時までにやっと9匹であった。いつものように1時間ほど休憩した午後は群れ鮎もなかなか現れず、チャラ瀬を攻めても1匹ばらしたのみで苦戦、4時までに9匹追加のみで終わった。

渇水のチャラ瀬の鮎も群れで走り回っているようで針掛かりしない。雨待ちですなー。型も思ったほどではなく、渇水で餌不足なのだろうかねー。

 
   今日の釣果、14〜17p

6月22日(西大芦川)
 休養日のはずが、仲間が西大芦川で釣りたいというので急遽釣行。神船神社周辺が型数共よさそうだというので竿を出すことに。着いたのは11時前、先ずは早目の昼食、これがまた楽しいのだ。

開始は12時から瀬を釣り下るが期待した反応はない。やっと30分後に1匹、すぐに2匹目、3匹目と思ったら雑魚で鼻環周りがコンガラガッテ、やっと解けたと思ったら、0.125号の水中糸と目印がコンガラガッテ解けず仕掛け交換。

4匹目の鮎は根掛かりで、仕掛けもろとも失う。そんなこんなで瀬を下り切り1時間半でやっと5匹だ。前日の雨で少し増水した強い流れには鮎は少ないようだ。そこで上流の深トロへ行って見る。いくらか鮎が見えるので粘ってみたが徒労に終わる。

次は気になっていた瀬と反対側の流れ。最初入っていた人がいなくなったので竿を出す。すると間もなく4匹入れ掛り、しかし今度は糸が木の枝に引っ掛かりオトリが空中ブランコ。天井糸をはずし、何とか回収と思ったら糸が足と流木に複雑に絡みつき解けない、なんでこうなるの。

ポイントを荒らしてしまい下流へ。複雑な流れの中の小さな落込みからその開き、そんなところに鮎はいるようで、ポイントへは空中輸送。そんなポイントを選びながら何とか釣りになって来たが、定時の4時、仲間も膝が痛くなってきたというので終了。

ところが引き舟を持とうとしたら蓋が開いている!。慌てて閉めるが気になり手を入れてみると鮎はいるのでほっとする。でも車に戻り数えると13匹、少なくとも18匹は釣っていたのに、オトリ鮎も2匹いなくなっていた。
久し振りのチョンボだ。

鬼怒川で散々な思いをしてきた仲間は瀬頭周辺を釣り24匹、小さくとも今年やっと釣りが出来たと喜んでいた。

 
   今日の釣果、13〜17p

6月24日(西大芦川)
 明日から天気は良くないので、渇水の黒川も少し水が出ていい状況かと出掛けた。ところが前回釣れた場所には既に釣人が。更に水が増えればザラ瀬でも釣れると思っていたがいくらも増えず、暫く見ていたがザラ瀬の人も含め釣れる様子はない。

更に上流の橋へ行くも釣人いず、鮎も見えずで黒川を諦め西大芦川へ向かう。解禁日に型が良かったという塩沢。その橋から覗くと落ち込みの吐き出しでキラリ、小型の鮎も1匹確認。下流の瀬には誰も居ず、ここにしようと決める。

先ずはアユの見えた吐き出しに鮎を入れしつこく粘るが反応なし。やむなく好きな瀬を釣り下ることに。ところが期待に反し全くアタリなく1時間経過。場所移動を考えたが最後にもう1度と掃出しにオトリを入れる。すると間もなく待望のアタリ、14cmの小型だがオトリには十分だ。

オトリハ掃出しから落込みへと進み、どうやら群れ鮎がいそうな感じで、掛かって来たのは17pクラス。更に2匹追加するもアタリが止まる。そこで未だ竿を出していなかった瀬頭の緩い流れにオトリを入れるとすぐに反応し3匹の入れ掛り。

更にその上の小さな棚へ空中輸送で入れるとすぐに1匹、しかしそれまでだ。オトリガ変わればと再度瀬の中へ入れてみるが反応なし。一昨日もそうであったが、強い流れには入っていないようだ。午後は場所移動のパターンなのだが、オトリ缶を持って道路まで上がるのは大変なので諦める。

茹で卵、枝豆、ノンアル、冷やしトロロ蕎麦に自然の雰囲気、昼もまた楽しだ。午後は先ず吐き出しから、そして瀬頭周辺、その上の棚でポツリポツリ、最後は瀬の脇の緩い流れで数匹。遂に強い流れには入ってこなかった。いつもの4時、何とか22匹で終了。

型も期待はずれで、どうやらよかったのはもっと下流の方だったようだ。このところマメな釣行でくたびれてか写真取るのも忘れ、冷凍後の写真だ。

 
   今日の釣果、12.5〜17.5p

思川水系の友釣り(29年)