6月1日那珂川
 解禁日というのに旅の疲れもあってゆっくり出かける。荒川の橋を通ると釣人少ない。しかし橋から覗くがあゆの姿が見えずパス。結局烏山大橋下の誰も居ない強い瀬で9時竿を出す。何匹かは釣れるだろうとの思いだ。

背バリを付け探る事間もなく、アタリがあるがバレ。その後針ケースが無いのに気付き探し回るが見当たらずガックリ。やむなく替え針を帽子に刺して再開。暫くして待望のアタリ、しかしあっという間に無反応。去年使った複合メタル0.05号、不精は禁物だなー。

ここで続けえるのは、釣れなかったときの残りのオトリのダメージが心配。そこで橋上に行き何とか瀬頭に空きスペースを見つけ入る。オトリを泳がせながら沖に出すとすぐに掛かったのはオトリサイズ、期待が高まるが続かない。

下の人がいなくなったと思ったらすかさず別の人が入り動けない。出来る範囲の小移動、瀬より瀬頭から上に泳がせた方が掛りは良かった。結局12時までに8匹だった。車に戻り食事中、水が増え濁りが入って来たので終了とした。

石の光り具合はイマイチ、竿があちこちで曲がるという状況ではなかった。針ケースは昼に引き舟を浸しに行った時、落ちているのを見つけた。今シーズンはついているのだろうか。

 
   今日の釣果、13.5〜18cm

6月15日那珂川
 天気もよさそうだし体調も回復してきたので、久し振りに那珂川へ。オトリ店で様子を聞くと、渇水でよくないという。下野大橋へ行くと釣人まばらなので竿を出すことに。8時20分開始、次々に釣人がやってきて間もなく満員御礼となる。

しかし釣果の方はさっぱり、たまに誰かの竿が曲がるだけ。政やんに待望のアタリらしき?反応があったのは」1時間経過後。あーそれなのに12pのチビだ。錘を付け瀬に入れるが反応はない。10時半仲間2人がやって来たので早めの昼食だ。

これがまた楽しいんだなー。食事中ほとんど釣れない中、1人が7匹位入れ掛かり。群がやって来たのか、腕もいいのだろうが、しかしお祭りは長くは続かない。12時再開、入る場所がない。仲間は場所的にいくらか余裕のある対岸へ。

政やん暫く様子を見て瀬頭近くにスペースが出来たので入れてもらう。暫くすると食事に上がる人も増えたので余裕ができ少しづつ釣り下がる。2匹釣った後しばらく沈黙、1匹釣りまた沈黙、そんな状況そしてチビアユに嫌気がさし、やめようかと思った時掛りまた続ける。

流芯で今日一番のアタリ、ヤッターと竿で溜めようと踏ん張った時バレてしまう。もう一度と粘るが徒労に終わり3時20分終了。釣人は1/4位に減っていた。

 
   今日の釣果、11〜16p

6月20日
 前日の黒川でそこそこ釣れればいいと出掛けた。ところが前日釣れた場所には既に先客が。2人は無理だし、そこ以外は超渇水でまるっきり釣れないので諦める。そこで向かったのは鬼怒川漁協管轄の荒川。10日の解禁では型、数共に良好だったと聞いていたので。

落合橋から覗くと石の状況は良さそうなのだが鮎の姿が見えない。下流へ行き、車が2台止まっている土手に上がると釣人2人が石に腰かけて竿を出している。釣れないのかと不安になるが、とにかく竿を出そうと更に下流へ行き空いている所に車を止める。

支度をして川に出ると鮎が跳ねた。おっ、いるじゃん、と希望が湧く。オトリを送り出して間もなくググッというアタリ。きたっと思ったら無反応、水中でキラキラしており、切れたかと思ったが糸が無い。外れたか、ならば目印が見えるはずだと中に入って行き探すが見つからず、場所を荒らしただけ。

最悪のスタートとなり、その後1時間アタリなし。期待の場所を諦め下流堰堤下の流れへ。するとすぐにアタリがあり16pが釣れた。しかし続かず、ポイントを変え12時までの2時間でやっと3匹だ。

午後移動も面倒なので続行。堰堤下の様子を見てからトラブッた上に行こうと思ったが、そんな甘くはない。すぐに人が入ってきて結局堰堤下で大苦戦。下流にはずっと竿が立っていて、動く範囲は限られる。直ぐ下の人は全く釣っていない。その下の人がたまに竿を曲げる程度だ。

結局4時までに6匹追加で終了。帰り際丁度上がって来た人がいたので車を止め様子を聞くと釣れないという。解禁日は釣れたが、かなり減水しているのでそのせいだろうという。それもあるだろうが、鮎の多い場所でうまく釣らないと数は稼げないのだろうな。

 
   今日の釣果、15〜17.5p

那珂川水系の友釣り(29年)